麻布デンタルキャリア

就業中の方

勤務医、歯科医師としての
本当のスタート

臨床の現場は、最高の学びの場。日々の診療や院内業務について日報などに記録をつけ、振り返られるようにしよう。歯科医師を始めた時の記録は、今後のキャリアについても大事な財産になる。業務内容で悩むことがある場合は、直ぐに先輩や院長にきくことも新米歯科医師については大事な仕事のうち。「わからないこと」「不安なこと」をアウトプット出来る環境作りも心がけよう。
また、院内研修だけでなく、院外研修の補助をしてくれる医院も多い。そういった制度をフル活用して日々の勉強+自己学習で学び続ける姿勢こそが、自身のキャリアアップに繋がるぞ! ショート動画・セミナーへ

Q.現在の就職先にある教育制度について教えてください

  • マンツーマン指導
  • 院外勉強会
  • 教育設備(マネキンなど)
  • 院内勉強会
  • 教育制度はない
  • 資格取得支援

院外院内に何かしらの勉強会がある院は、全体の4割!
また、先輩や院長からのマンツーマン指導を受けることが
出来る医院も全体の3割はある。
是非、医院の教育制度を活用しよう。

出典:麻布デンタルキャリア アンケート結果

  • マンツーマン指導
  • 院外勉強会
  • 教育設備(マネキンなど)
  • 院内勉強会
  • 教育制度はない
  • 資格取得支援

転職によるキャリアアップ

転職も歯科医師に関してはメジャーなキャリアアップの方法です。
ただし、今の職場でやり残したことはないか。次の職場でやりたいことはなにか。
自分としてゴールまでの道筋を明確にしたうえで、転職活動をはじめましょう。

Q.貴方が考える歯科医師の
平均転職回数を教えてください。

大体、開業までの間に転職を
2~3回行うことを想定している先生が多い。
それぞれの転職先で学ぶことを明確して、
慎重に転職先を選ぼう!

出典:麻布デンタルキャリア アンケート結果

Q.貴方が考える歯科医師の1医院あたりの
平均勤務年数を教えてください。

一つの医院には、
大体3年程度在籍すると考えている先生が
約半数の割合でいる半面、
5年以上の長期で在籍したいと考えている先生も、
それに次いで多い。

出典:麻布デンタルキャリア アンケート結果

開業をゴールに考えた場合の転職プラン(例)

  • 1医院目

    テーマ
    質の高い丁寧な治療を学ぶ
    条件
    院内外の勉強会参加など教育制度が整っている、
    先輩や院長からのフォロー体制が充実、
    業務に関するマニュアルがある、等々
    学ぶこと
    基本的な手技、接遇技術、一定以上の自費診療経験など
    最終目標
    GPとして独り立ち
  • 2医院目

    テーマ
    自分なりの専門をもちたい!
    条件
    特定分野の症例が多い、
    その分野の指導医の先生がいる、等々
    学ぶこと
    特定分野の治療方法全般、自由診療など
    最終目標
    認定医取得(認定医取得について)
  • 3医院目

    テーマ
    開業にむけた準備をしたい!
    条件
    分院長や副院長として働ける、
    経営に関する研修が受けられる、等々
    学ぶこと
    開業・経営知識全般、など
    最終目標
    開業

ゴール設定

勤務医として10~15年、30代後半から40代に開業(開業について)

勤務医として専門性を持ちながら働く場合の転職プラン(例)

  • 1医院目

    テーマ
    専門性を見据えつつ、丁寧な治療を学ぶ
    条件
    院内外の勉強会参加など教育制度が整っている、
    先輩や院長からのフォロー体制が充実、
    業務に関するマニュアルがある、等々
    学ぶこと
    基本的な手技、保険診療、接遇技術など
    最終目標
    専門性とGPをバランスよく両立させる
  • 1医院目と並行して学ぶ

    テーマ
    さまざまな難症例を診療する
    条件
    大学病院で、開業医では対処できない症例を診療できる
    学ぶこと
    特殊な手技の方法や、対処方法を学ぶ
    最終目標
    認定医・専門医を取得(認定医・専門医の取得について)
  • 2医院目

    テーマ
    専門的な知識を生かした診療を行う
    条件
    病院もしくは開業医で施設が整っており、
    専門性が発揮できる
    学ぶこと
    専門性を活かしつつ、大学とは違った症例を学ぶ
    最終目標
    一般企業医でも働ける専門性を持った医師になる

ゴール設定

専門性を持った様々な病院で働く勤務医。

開業・事業承継

開業独立、事業の承継をすることは、歯科医師としての一つのゴールとして考えられています。開業は大きなリスクを伴う歯科医師の一大イベントです。失敗をしないよう、慎重に吟味を重ね、ご自身が経営者として本当に適しているか、判断しましょう。

MAIL MAGAZINE

就職フェアの最新情報や、
就職・転職・スキルアップに
役立つ情報をお届けいたします。

CONTACT

ご不明点やお困りごとがございましたら
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら